授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 北の自然環境と人間
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
人類は一体どのようにして(主に北方地域の)寒冷な環境に対して適応または克服してきたのか?この命題を解くためには歴史や社会、生活文化、芸術、気候変動、物理化学、生物学、生態学、考古学、文化人類学など様々な視点から探ることが可能である。本科目では、それらのうち複数の分野から分野間の関係性を紐解きながら人類の生存戦略を探り、特に我々現代人にとってどのような意味・意義があるかを提示し問いかけることが目標である。
先修条件または
他の授業科目との関連
本科目は様々な異なる分野の最新研究の成果に基づきそれらの知見を紹介しながら、単に基礎的知識を学ぶだけではなく、異なる分野や事物との関係性を発見するための方法論や論理的思考を養い、「地球人」としての生き方の再考とそのヒントを提示することを目標としているため、自然科学も含めた本学全ての科目と関連する。
履修のポイント
留意事項
本科目において教材提示は主にPCで行い、Web上にも掲載するが、論理的な物の見方・考え方は単に教材を眺めるだけでは上達しない。授業担当者の解説こそ上達の補助になりうる物であり、時には人類の生存戦略に欠かせない道具等の実演を行うこともある。したがって、欠席せず受講することが望ましい。本科目は我々が必要とする生存戦略や自然との関わり方等全てを提示し、なぜ我々の生きる世界が「現代文明」に至ったかについて明らかにする。以上が本授業の受講を勧める大きな理由である。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 地域創造学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成