授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 解剖学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 体育・スポーツ活動において、その基礎として人体の構造と機能の知識は必要不可欠である。「解剖学」とは、人体の正常な形態と構造を理解することであり、人体の機能がどのようにして営まれているかを知ることが、保健体育を学んでいく上での基礎となる。特に、運動と関係の深い骨格及び筋肉に重点を置く。加えて、保健体育の一般的基礎知識として、その他の諸器官(消化器、呼吸器、循環器、泌尿生殖器、内分泌系、神経系など)の形態と構造についての理解を深める。
 この授業で育成する力・スキルは「自ら考える力(全学共通)」・「智能を磨く力(体育学部)」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件:先修条件はない。

他の授業科目との関連:生理学、運動生理学、スポーツバイオメカニクス、スポーツ運動学(運動方法学を含む)などの基礎科目である。
履修のポイント
留意事項
(1) 評価は、定期試験の結果、授業への参加状況、授業時に提出する課題等を総合して行う。
(2) 教科書を使用し、その図、写真を確認しながら、その形態や構造を理解するように授業を進めるので、必ず教科書や事前配布の資料等を準備して授業に臨んで欲しい。
(3) 「生理学」、「運動生理学」などの基礎となる科目でもあるので、可能な限り、早いセメスターで履修することが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 地域創造学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成