授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 アジアの歴史と文化C
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 この講義は中国の文化を中心にして行う。中華文明の起源、中華民族の誕生、中
国の三皇五帝、中国上古の禅譲制と世襲制、仰韶文化と竜山文化、黄河文明と長江
文明、青銅器の鋳造、文字の発明、諸子百家と百家文化、古代中国の四大発明など
を学ぶ。また、中国の食文化、中国の茶文化および中国の養生文化、気功と太極
拳、中国の年中行事、中国人の宗教信仰、風俗習慣、道徳倫理などを紹介する。さ
らに中国文化の特徴について説明したい。この授業を通じて中国5000年の文化を深
く理解することが授業の目標である。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は無し。アジアの文化と歴史などの中国関連の授業と並行させれば良い。

履修のポイント
留意事項
 評価は原則としてレポートと定期試験の成績を合わせて評価するが、出席率と授業態
度も考慮する。教科書を購入しないので、良い成績をとるために、授業内容のポイント
をノートすること。

学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 国際コミュニケーション学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成