授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンポジション
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
デザイン諸分野の基本として「構成」に関する基本的な知見と技量について課題実習を通じて学修します。平面、立体を含む空間表現は、グラフィックデザインの分野ばかりでなく、最終的に3次元の立体として実現されるプロダクトデザイン、あるいは空間デザインなどの分野においても重要な基礎能力です。様々な分野の設計から生産に至る過程では、2次元に表現された図面情報などを基に、設計意図の伝達を行うことが多いです。空間構成に関する感性は、身体感覚にも密接に繋がる要因を持っており、空間感覚を養うことは、あらゆる表現領域に関係する基礎能力のひとつでもあります。本授業では、空間感覚を総合的に養い、そのバランスや緊張感などの構成原理を読み解き、応用出来るようになるための基本演習を行います。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。デザインの学修を実践的に進めていく上で、必須となる基礎技能を習得するための基礎となる授業です。
履修のポイント
留意事項
課題毎に定められた提出物をすべて期限までに完成させて提出することが求められます。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 デザイン文化学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成