授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 メディア表現A
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
コンピュータ上でグラフィックアプリケーションを使ったラスター(ペイント)形式およびベクター(ドロー)形式を活用した画像イメージやDTPアプリケーションを使った紙媒体への印刷イメージのデジタルデータを生成・編集するための技能を身に付けます。紙やペン同様に、デジタルな画像表現は今日においてデザイン活動や画像を通したプレゼンテーション・意図伝達の基礎的かつ重要で汎用な表現技能です。課題を通して図形処理や画像処理のデジタル化プロセスを体験し、ビジュアル情報処理システム、画像符号化や版下製作のルールについても学修します。
先修条件または
他の授業科目との関連
■先修条件:なし
履修のポイント
留意事項
授業は段階的に組まれたカリキュラムに従って進められるので、毎回の出席を欠かさな
いこと。提出物は公開を原則とする。
成績評価は、課題作品と出席状況を勘案して行う。

学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 デザイン文化学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成