授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 インテリアデザイン
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
インテリアデザインとは居住空間や商業空間などの室内の使われ方や意匠をデザインする専門分野です。そのためにはインテリアに関係する建築的な事項や家具什器などへの全般的な理解と、空間と人やモノとの関係性、居心地の良さを生み出す光や温熱環境などの総合的な計画が必要となります。この授業ではインテリアデザインへの導入として、インテリアを構成する基礎的な事項の理解を図り、様々な検討を加えながらインテリア模型を制作することでインテリアデザインのエッセンスを総合的に学ぶことを目標とします。そこでは特に、居心地の良いスケール感などを意識しつつ空間デザインを行なう姿勢を培うことを重視します。
この授業により、人にとって心地よい空間について考える姿勢を培うことで、ほかの様々な建築物の設計演習の授業における空間の質に対する感性を高めていくことも、この授業の大切なねらいの一つです。
先修条件または
他の授業科目との関連
先週条件はありませんが、建築の図面を読み込みインテリア模型を作成することから、「デザインドローイング」を学修していることが前提となります。また「モデリングB」で制作する建築模型とも関連があります。


履修のポイント
留意事項
インテリアの様々なエレメントに関する調べ学習や、授業時間外での模型制作作業が大きな比重を占める授業です。それらに積極的に取り組むことで、インテリアデザインの基礎的な理解を図ることが出来ます。
本科目は建築士受験資格認定科目です。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 デザイン文化学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成