授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 空間デザイン論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
都市・建築・インテリア等の空間デザインと人間の生活との関係を論理的に考えること、また環境と関る持続可能な空間デザインの大切さを理解することを授業の目標とします。そして、健康な住生活や社会生活に貢献する空間デザインのあり方を自ら思考できるようになるための基礎力を培うことが狙いです。住宅は人の暮らしにとって最も基本的な空間です。ライフスタイルや家族の健康、コミュニティや地域生活との調和を育む場として、住宅を体系的に理解することから空間デザインの計画論を始めます。さらに、社会生活や健やかな暮らしを支える教育施設や医療・福祉施設、さまざまな仕事やサービスの提供が行われる業務空間のあり方についても広げて考えることで、今日の多様な空間デザインがどのような背景や社会的な動向をふまえて成り立っているかを学び、人の暮らしに大切な空間デザインについての理解を深めていきます。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。建築・インテリア分野で必須となる授業内容ですが、グラフィックやプロダクト等においても場所との関りを考えながらデザインする際に大切な内容を多く含んでいます。
履修のポイント
留意事項
「空間デザイン」分野の基礎的な理論と考え方を学ぶ授業科目として、同系の科目も併せて履修することが望まれます。

本科目は建築士受験資格認定科目です。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 デザイン文化学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成