授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 映像デザインB
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 写真および映像の文法と編集の実際を制作課題を通じて学修する。カメラ操作やPCでの編集技術を深く学びながら、映像デザインの応用技術を学ぶ。また、マーケティングを踏まえた企画構想力を重視したプロモーション映像の企画・制作も行いながらグループ制作のチームワークの楽しさ・難しさを学習する。。「映像デザイン」の学びを通じて、地域の資源や特徴を生かしながら、企画構想とデザインを融合する応用的な実践力を培うことを授業の目的とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は特にないが、本講義の前提となる基礎知識を学ぶ上で「映像デザイン論」「映像デザインA」の履修は望ましい。また、デザインにおける基本的なコンピューター操作や知識を前提に講義を展開する。従って「メディア表現A」「メディア表現B」を履修しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
 本講義は、グループ学習を重視するので留意のこと。また、課題ごとに定められた提出物をすべて期限までに完成させて提出することが求められる。
また、高度な撮影・編集技術が求められるため、自分の撮影機材や編集用のPCの持参が望まれる。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 デザイン文化学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成