授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 空間デザインA
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
独立住宅および低層集合住宅の設計を通して、環境計画や建築構造との関係をふまえた住空間の基本的な構成原理を修得することを授業の目的とします。設計内容の適切な図面表現とプレゼンテーションにより、空間デザインの理念と意図を的確に伝えられるようになることが目標です。
スペースデザインの入門として、最初に木造在来軸組み構法の独立住宅を取り上げ、デザインに求められる総合的プロセスを学びます。諸条件に関わる家族の概念や居住者の意向、生活様式を定義付け、適切な空間表現化を試みます。次に壁式鉄筋コンクリート造の低層集合住宅を取り上げ、インテリアとエクステリアを含めた三次元的検証も行います。課題を通じて空間デザインのプレゼンテーション作法を修得し、多方向より空間デザインをまとめ上げる力を養います。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありませんが、デザイン基礎科目等での知識や技能、特に「デザインドローイング」及び「メディア表現C」を前提に授業を展開します。また「リビングデザイン論」を履修しておくことが望まれます。
履修のポイント
留意事項
本科目は建築士受験資格認定科目です。
課題毎に定められた提出物をすべて期限までに完成させて提出することが求められます。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 デザイン文化学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成