授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 3D−CAD
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 建築・インテリアの空間を題材にCADをデザインと生産のための情報プラットホームとして位置付け、デジタルな環境を利用した建築設計手法,CALS/EC, CAE, BIM, アルゴリズミック・デザイン等の高度な設計のITC活用に繋げるための知識と技能の修得を目的とする。
 3次元CADシステムの操作を通して空間モデリング・レンダリングによる基礎的表現技能を身に付け、建築空間の立体的な性質と構成を把握し、さらに図形とデータベース・ワークシートの連動など生産に結び付けるための建築情報管理利用技能を学ぶ。CADシステムの操作技能の修得から始め、建築・インテリアの空間モデリング・レンダリングをおこなう設計課題、更にはプログラミング、データベース・ワークシートなどの機能を活用した定量的な数量把握と連動した設計課題により、コンピュータを活用した建築設計を統合する知識と技能の向上を図る。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、デザインにおける基本的な製図技能やコンピュータの操作・知識を前提に授業を展開するので、デザインドローイング、メディア表現A/Bの履修が望まれる。特に空間分野(建築・インテリア)との関連が深い。
履修のポイント
留意事項
建築士受験資格認定科目。
課題毎に定められた提出物をすべて期限までに完成させて提出することが求められます。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 デザイン文化学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成