授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 構造のかたちと力2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 建築構造物の安全性を理解するために、骨組みの変形や不静定構造骨組みの中を力がどのように伝わっていくかについての理解を目標とする。さらに各種構造の構造設計の考え方についても学修し、構造のかたち(空間を支える架構)の構成、ならびに構造のかたちとそこに作用する外力や構造内に生じる内力の関係、構造が果たす空間の美しさに対する貢献についても理解を深める。
 構造物の安全性を理解するために、モールの定理や仮想仕事の原理による骨組みの変形、たわみ角法や固定モーメント法による不静定構造内に発生するマクロな力の分布について主に学習する。さらにコンピュータの利用を意識して有限要素法、耐震解析や各種構造の基本原理についても解説する。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、住宅構法、生活材料学、構造のかたちと力1の履修を前提に授業を進める。特に空間分野(建築・インテリア)との関連が深く、理系要素が強い。
履修のポイント
留意事項
建築士受験資格認定科目。履修にあたって高校数学I/IIや物理(力学)の基礎的な知識が望まれる。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 デザイン文化学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成