授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コーチング実践C
授業科目の区分 自己学修科目    自己学修科目
授業の目標
 多様な人々とともに目標に向けて協力するチーム構築を支援する力を育成する。自分の意見をわかりやすく伝える発信力、相手の意見を丁寧に聴く力、意見の違いや立場の違いを理解する力、自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する状況把握力の獲得を目指す。具体的スキルとして、学習支援スキル、そしてチームファシリテーションスキルの育成を目標としている。

[ 授業で育成する力・スキル:]
自ら考える力:学習力、思考力、探求力
集い力:コミュニケーション力、関係構築力、アイデンティティ獲得
プロジェクト実践力:良好な人間関係を構築する力、行動力、計画を実行する力

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はないが、現代教養科目(基礎教養・発展教養科目)を履修後の3セメスター以降に本授業を履修することが望ましい。
 「コーチング実践A」、「コーチング実践B」、「コーチング実践C」、「コーチング実践D」はそれぞれ独立した科目なので、A、B、C、Dを単独で履修することも可能である。さらに複数の科目を履修することで、コーチング・学習支援の経験的知識(実践知)が増すことになるため一つだけでなく、複数科目を履修することが望ましい。

履修のポイント
留意事項
 他者の力を引き出すために、他者が何を考えているのかを理解し、どう働きかければいいのかを常に考え、実践することが大切である。
 コーチング実習あるいはファシリテーション実習を行う実践的な授業になるので積極的な授業参加が求められる。
 少人数の演習形式で行う授業のため、履修者制限を行うことがある。履修希望者は、第1回目の授業に必ず出ること。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 看護学科 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択
文化社会学部 選択
健康学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成