授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 システム開発B
授業科目の区分 自己学修科目    自己学修科目
授業の目標
この授業は、情報処理副専攻に含まれる授業の集大成であり、これまで学んだ知識と実践を生かし、自分でソフトウェア作品を企画・制作できる力を実習を通して修得することを目標とする。
内容としては、システム開発の後半で主に行う「動作テスト」・「公開」・「保守・改良」で制作の仕上げをする。
社会におけるプログラミング経験の判断基準は、「発表できるレベルのソフトウェア作品を、自分で制作したことがあるか」であり、大学での基礎レベルのプログラミング授業を履修しただけでは到達することができない。この基準を満たすために本授業では、実際のシステム開発に即した各段階を実習によって経験して、開発スキルを身に付ける。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。
「ICT入門」を履修済みであることが望ましい。
「システム開発A」と合わせてシステム開発学習の範囲とするため、先に「システム開発A」を履修することが望ましい。
「プログラミング応用A」または「プログラミング応用B」および「WEBクリエイション基礎」、および「コンピュータサイエンス応用」単位取得済みと同程度の知識およびプログラミング経験があることを前提として授業を進める。
履修のポイント
留意事項
(1) 授業内容に即した課題やレポートの作成を課す。
(2) 制作物の作成と提出・発表を課す。
(3) 成績評価の基準は、シラバス詳細を参照すること。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 看護学科 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択
文化社会学部 選択
健康学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成