授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋スポーツマネジメント論
授業科目の区分 自己学修科目    自己学修科目
授業の目標
海洋スポーツを実施する上で、その種目に適合した「施設」の役割は重要である。ここでは、担当教員の専門であるダイビングの施設を中心に、いろいろな運用形態のダイビングサービスを取り上げて、その特徴や有用性を解説し、いくつかの比較を行いながら、施設の持つ、ホスピタリティやアメニティ、ユーティリティ、デザインについて学ぶ。次に、その金銭的な成り立ちと運用形態を学ぶことで、実際に自分の理想とする「施設」が運用できるか、あるいは運用するためには、どのような収支のバランスが必要になるのかをシミュレーションし検討をする。最終課題は、運用が可能な施設の平面図を完成させて提出をして、起業の可能性を考えられる力を育成する。
先修条件または
他の授業科目との関連
専修条件:グレードナンバーが300なので、低グレードの関連授業を履修した後に受けることを勧める。
いくつかの海洋スポーツ実習系の授業を受けた後に、本授業を履修すると、いろいろな種目への転用の思考が可能になる。
履修のポイント
留意事項
平面図の作成や運用のための計算などのワークが随所にあるので、講義内容によって定規や計算機は必需品になる。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 看護学科 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択
文化社会学部 選択
健康学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成