授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 情報資源組織論A
授業科目の区分 卒業単位に含まれない科目    教職・資格等に関する科目
授業の目標
「情報資源の組織化」とは、膨大な量の情報資源の中から必要な資料を迅速に検索できるように整備する作業のことである。情報資源組織論Aの授業では、図書館・情報センターで行われる情報資源の組織化のうち、カタロギング(目録法=情報メディアの記録データ作成)に重点を置いて、印刷資料・非印刷資料・電子資料とネットワーク情報資源からなる図書館情報資源について、書誌コントロール、書誌記述法、メタデータ、書誌データの活用法等を解説する。「目録」とは資料のカタログのことであり、そのデジタルデータがオンラインで提供されたものが、各図書館ウェブサイトで利用できる検索機能、つまりOPAC(オンライン蔵書目録)である。この授業では、資料目録法の必要性とその機能、基本的な構成とともに、総合目録を提供する書誌ユーティリティの活動等について理解し、目録作成と目録利用という両様の立場に求められる、技術的な基礎知識を修得することをめざす。

  授業で育成する力とスキル

 自ら考える力(学習力)(探求力)

先修条件または
他の授業科目との関連
図書館概論、図書館情報資源概論、図書館サービス概論、図書館情報技術論を履修済みであることが望ましい。本科目は情報資源組織演習Aの前提となる科目であり、演習に入る前のセメスターで受講しておくことが望ましい。また、本科目と情報資源組織演習Aとは、同一教員のものを履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
まずは目録記入の基本型を覚え、様々な図書の記録を作成できるようにしたい。図書・情報資源の記録をルールに従って正確に記録することで、検索のための有効な手段が形成される。
学部・学科必修/選択の別
文学部 随意(卒業単位に含まない)
観光学部 随意(卒業単位に含まない)
政治経済学部 随意(卒業単位に含まない)
法学部 随意(卒業単位に含まない)
教養学部 随意(卒業単位に含まない)
体育学部 随意(卒業単位に含まない)
理学部 随意(卒業単位に含まない)
情報理工学部 随意(卒業単位に含まない)
工学部 随意(卒業単位に含まない)
文化社会学部 随意(卒業単位に含まない)
健康学部 随意(卒業単位に含まない)

2018/09/13 17:24:48 作成