授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 図書館情報資源特論
授業科目の区分 卒業単位に含まれない科目    教職・資格等に関する科目
授業の目標
図書館情報資源特論とは、必修の各科目で学んだ内容を発展的に学習し、理解を深める観点から、図書館情報資源に関する領域の課題を選択し、講義や演習を行う科目である。具体的なテーマとしては、人文科学、社会科学、自然科学・技術の各分野における知識の構造と情報資源との関係、地域資料や政府刊行物、視聴覚資料、ネットワーク情報資源の活用などがある。これらについて理解を深めることを目標とする。

 授業で育成する力とスキル

 自ら考える力(学習力)(探求力)  
  挑み力(問題発見力)
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、図書館情報資源論、情報資源組織論、情報資源組織演習を履修した上で受講することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
この授業は、ただ聞いているだけでは目標を達成できない。実際に調査をするという実践が必要である。
  

学部・学科必修/選択の別
文学部 随意(卒業単位に含まない)
観光学部 随意(卒業単位に含まない)
政治経済学部 随意(卒業単位に含まない)
法学部 随意(卒業単位に含まない)
教養学部 随意(卒業単位に含まない)
体育学部 随意(卒業単位に含まない)
理学部 随意(卒業単位に含まない)
情報理工学部 随意(卒業単位に含まない)
工学部 随意(卒業単位に含まない)
文化社会学部 随意(卒業単位に含まない)
健康学部 随意(卒業単位に含まない)

2018/09/13 17:24:48 作成