授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 宗教学概論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 宗教は、おそらく人類の歴史と同じほどに長い歴史をもつといえるものである
が、それを学問的に研究するという姿勢が現れたのはそれほど古いことではない。
とくに、現代宗教学はようやく十九世紀以来、当時の実証主義的学問傾向に歩調を
あわせて発展してきたが、その発生と発達が主としてキリスト教の文明圏で行われ
てきたために、他の文明圏でも妥当するかが文明の根底を探る比較文明論的な問題
となっている。こうした問題に留意しながら現代宗教学の理論や用語を理解しその
意味と発展過程を概観する。
 授業全体を通じて自ら考える力を養います。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件なし。
履修のポイント
留意事項
開講時に指示。
学部・学科必修/選択の別
文学部 文明学科 選択
文学部 歴史学科                 日本史専攻 選択
文学部 歴史学科                 西洋史専攻 選択
文学部 歴史学科                 考古学専攻 選択
政治経済学部 政治学科 選択
政治経済学部 経済学科 選択
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 選択
文化社会学部 アジア学科 選択
文化社会学部 ヨーロッパ・アメリカ学科 選択
文化社会学部 広報メディア学科 選択
文化社会学部 心理・社会学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成