授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 古墳文化研究2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 本授業は日本考古学における古墳時代研究の現状を実例に沿って学び、理解していただくことを目標にする。
 日本考古学は、太平洋戦争前と敗戦後とでは歴史認識に大きな断絶があるといわれる。しかしその様相は対象とする時代ごとに異なっており、学問的課題についても把握の仕方によっては近代以前の研究動向からの系統性をもたせられるものも多い。
 授業では特定の領域やテーマをその都度設定し、該当課題について過去の研究の蓄積と研究の現状を紹介する。
 授業で育成する力・スキルは、自ら考える力<全学共通>、文章・情報を読み解く力、適確な文章を書く力、意見や情報を伝える力<文学部>、歴史意識・人間・自己の発見、分析力・論理的思考力、忍耐力と社会性<本専攻>である。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は設定していないが「日本考古学概説」(必修)を修得しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
本授業は講義形式と演習形式を融合させた形態で進める。講義を進めながら参考図書や作業課題を指示するので、受講生相互で分析し、討議し、担当教員の解説や助言を受けながら共通認識にいたることが基本的な進め方である。積極的な姿勢で臨んで欲しい。
学部・学科必修/選択の別
文学部 歴史学科                 考古学専攻 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成