授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 西アジア考古学2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 西アジアは世界に先駆けて文明が興った地域であるが、最古の文明出現の背景とは何なのか。この問いについて考えるために、本講義では特定の研究テーマに焦点を当てて講義を行い、各テーマの概略と最新の研究動向について理解を深めることを目標とする。具体的には、定住化、農耕牧畜の開始、都市国家の出現といった、西アジア先史時代における主要な研究テーマを取り上げ、研究史や異なる解釈・論争について紹介する。
 また、研究テーマに即した英語論文を実際に読むことで、英語論文の読解力を身につけることが望まれる。
 授業で育成する力・スキルは、自ら考える力<全学共通>、文章・情報を読み解く力、適確な文章を書く力、意見や情報を伝える力<文学部>、歴史意識・人間・自己の発見、分析力・論理的思考力<本専攻>である。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は設定していないが、授業内容が関連しているので「西アジア考古学1」を履修しておくことが望ましい。




履修のポイント
留意事項
 授業の中で紹介する書籍や論文を読みこなし、積極的に授業内容の理解を深める姿勢が望まれる。
学部・学科必修/選択の別
文学部 歴史学科                 考古学専攻 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成