授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 考古学研究法
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 考古学において実践されている研究方法にはどのようなものがあり、いかなる場面で活用されているのか、日本考古学・外国考古学・応用考古学のそれぞれの場面における具体例を注視しながら学び、特に方法論についての系統だった理解を促すことが目標である。 具体的には分布論、型式学的研究法、年代決定法、胎土分析、土壌分析、理化学的年代測定法の実践例を紹介しながら、現状の成果および今後の課題について解説する。本科目は「日本考古学概説」・「外国考古学概説」(各必修)・「応用考古学概説」(選択)を踏まえたうえで、より専門的かつ実践的な知識の習得の場として位置づけていただきたい。
 授業で育成する力・スキルは、自ら考える力<全学共通>、文章・情報を読み解く力、適確な文章を書く力、意見や情報を伝える力<文学部>、歴史意識・人間・自己の発見、分析力・論理的思考力、忍耐力と社会性<本専攻>である。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件を特に設けてはいないが、「日本考古学概説」、「外国考古学概説」、様々な考古学関連授業を履修した第5セメスターの履修が望ましい。卒業論文作成に大いに役立つであろう。
履修のポイント
留意事項
 毎時間の講義の積み重ねによって初めて系統だった理解が可能になるので、原則として全時間受講が求められる。
学部・学科必修/選択の別
文学部 歴史学科                 考古学専攻 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成