授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 北欧の教育と学び
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本講座は「北欧の思想とアイデンティティ」に続く科目として設置されており、北欧における教育と学びに焦点を当て、その教育政策の実態に迫っていくことを目的としている。北欧の教育を形作ってきたのは、社会福祉国家としての経済基盤や積極的な教育改革、充実した教員養成制度の構築、あるいは、地方自治にもとづく教育政策の充実などである。これらの問題を検討することで、世界的にも評価の高い北欧の教育の実態に迫り、北欧における「学び」のもつ意味を探っていく。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。本科目は北欧の人々の価値観や教育について学ぶ発展科目であり、この科目を履修するまでに「北欧の思想とアイデンティティ」を履修しておくことが求められる。北欧の人々の価値観について学ぶことはすべての科目にとって重要であり、その価値観を生み出すものが教育であると考えれば、本科目は北欧学科主専攻科目のほぼすべてと密接に結びついている。とくに各国概論科目の少なくとも1科目を修得していること、また「北欧史概説」を修得していることが望ましい。

履修のポイント
留意事項
 まず日本における教育がどのような課題に直面しているのかということに対する関心が不可欠である。そのために、日本の教育に関する基本的文献に目を通しておくことが重要である。また、北欧の教育については日本語の文献も多く出版されているため、それらを積極的に活用して行くことが期待される。

学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 北欧学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成