授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 多文化社会としての北欧
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 本講座は「北欧」を多文化社会という視点からとらえ、北欧の多様性を理解することを目的としている。ここでの「文化」とは広い意味をもつものであり、そのような文化を共有する集団は民族、言語、性、「障害」、年齢、宗教などさまざまな基準にもとづいて形成される。講義では「文化」とは何かという基本的な問いから始まり、どのような文化集団が北欧社会を構成しているのかを整理していく。そのうえで、それら多様な文化集団の共存のあり方についても検討していく。

先修条件または
他の授業科目との関連
 この科目に関して先修条件は設けられていないが、「デンマーク概論」「スウェーデン概論」「ノルウェー概論」「フィンランド概論」のいずれかを履修しておくことが望ましい。また「デンマーク史」「スウェーデン史」「ノルウェー史」「フィンランド史」などの歴史科目を履修しておくか、あるいは同時に履修することも重要である。さらに、「北欧の思想とアイデンティティ」とはとくに密接な関係を持つほか、社会系科目の多くとも深く関わっている。本科目を履修した後で、発展科目である「北欧における多文化共生」を履修し、さらに学びを深めることが望ましい。なお、本科目は社会系基盤科目5科目の一つであり、5科目のうち2科目4単位を修得することが義務づけられている。

履修のポイント
留意事項
 授業で示される参考文献を確実に読みこなし、また自らが興味の対象を発見し、資料・文献を分析し、自らの頭で考えることが求められる。受動的に講義を聞き、その内容を暗記するという態度では、本科目を履修する意義はない。

学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 北欧学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成