授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 北欧文化論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講3グループ
授業の目標
北欧諸国はヨーロッパの中央から離れたところで自然と深く関わりながら、独特の感性を磨き育ててきた国々である。本講座では、北欧の歴史と風土の中で生み出され育まれてきたものを広く文化ととらえ、北欧文化とその特色や背景などについて考察することを目的とする。授業では、料理、住宅、家具、食器といった暮らしに密着した伝統的な文化、そして音楽、美術、映画、演劇といった芸術性の高い分野の中から、さまざまなジャンルの作品を扱う。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、北欧についての基礎的な知識があることが望ましく、「デンマーク概論」「スウェーデン概論」「ノルウェー概論」「フィンランド概論」の各国概論科目を同時に履修することが推奨される。本科目は文化系基盤科目の一つであり、他の文化系科目すべてと密接に関連している。なお、文化系基盤科目5科目のうち2科目4単位を修得することが義務づけられている。

履修のポイント
留意事項
実際に自分で読んだり見たり聞いたり体験することにより、より関心が高まり理解も深まっていく。北欧の小説を読む、北欧の音楽を聴く、北欧の絵画や映画を見る、北欧のデザインを味わうなど、自ら北欧と接することを通じ、「北欧らしさ」を考えるきっかけが生まれるよう心がけることが求められる。

学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 北欧学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成