授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 北欧児童文学入門
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講3グループ
授業の目標
アンデルセン童話や「ムーミン」シリーズを生み出している北欧は、児童文学の宝庫と言われている。本講座では、北欧諸国における児童文学の歴史をたどり、現在の状況を理解することを目的とする。北欧各国におけるこどもの本の歴史をたどることにより、こどもの本の役割や「こども観」がどのように変遷し、現在どのような状況にあるのかを考察する。乳幼児向けの絵本から10代の読者を対象とする作品まで、様々な形式・ジャンルおよびテーマに触れることで、北欧における児童文学の特徴について検討していく。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。児童文学における各国個別の事情をより深く理解するため、「デンマーク概論」「スウェーデン概論」「ノルウェー概論」「フィンランド概論」の履修が推奨される。さらに、児童文学に留まらず文学全般へ視野が広がるよう、「北欧文学の世界」と合わせて履修することが推奨される。本科目を履修した後で「北欧児童文学研究」を履修し、北欧の児童文学に対してより深い理解をめざすことを推奨する。なお、本科目は文化系基盤科目の一つであり、文化系基盤科目5科目のうち2科目4単位を修得することが義務づけられている。

履修のポイント
留意事項
日本語で読める北欧の児童文学は多数あり、図書館の児童書・絵本コーナーで簡単に手にすることができる。多読により、北欧各国の雰囲気、自然、社会、人々を多様に感じとることができる。自分の小さな頃を思い出し、新たな視点で児童書を楽しむと同時に、次の世代に手渡すべき本を選ぶという観点から多くの本に接することが望まれる。

学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 北欧学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成