授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 映画史入門
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 映画の歴史は約100年。文学にくらべてはるかに短い。だが、20世紀における科学技術の急速な進展とともに加速度的に豊かな変容を遂げてきた。その変遷を具体的に辿ることを通して、偉大な才能たちがどのような試行錯誤を闘ってきたかを世界的な視野で追跡しつつ、映画の魅惑の原点を探るのがこの授業の目標である。映画史とは、映画をめぐる言語活動の足跡でもある。映画の魅惑の原点を探ることは、言語表現について実践的に考えようとしている学生にとって切実な行為となるはずである。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、「現代映画論」もあわせて履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
映画についての基礎的な知識を身につけることを目的とする。
学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 文芸創作学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成