授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 文学精読
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
「神は細部に宿る」という言葉がある。文芸作品の精髄は、ストーリーや世界観ではなく、テクストの些細なディテールにこそ宿る。優れた作者はみな、そのような細部を創り出すことに心血を注いでいる。ゆえに、文学の学習を深めるためには、一言一句もゆるがせにせず、ゆっくりと丹念に読む精読が必要となる。この授業では、テクストの中にそのような細部をいかに見出すか、また見出した細部を全体との関連においていかに解釈するかを精読の実習を通じて学習する。
先修条件または
他の授業科目との関連
3年次の履修がふさわしいレベルの授業である。
履修のポイント
留意事項
同じタイトルのもと、異なる講師によって、異なるアプローチによる授業がおこなわれる。必ずガイダンスに出て、内容を確認してから履修登録するように。
学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 文芸創作学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成