授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 金融論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
資金のやり取りのことを金融といいます。金融は製造業などの背後にあって、余り
目立たないかもしれませんが、経済を裏側から支える極めて重要で強力な役割を果
しています。
 本講義では、なぜ資金のやり取りが生じるのか、金融資産にはどのようなものが
あるのか、資金はどんな経路をたどって流れているのか、資金の貸し手や借り手は
どのように行動するのか、資金の貸し借りの条件―利子率―はどんな機能を持ち、
どのように決定されるのか、といったことについて基礎的かつ体系的な説明を行い
ます。
 本授業で育成する力・スキルは以下のとおりです。
 ・挑み力
 ・政府・市場・組織を理解する力
 ・理論的に考える力
先修条件または
他の授業科目との関連
履修登録上の先修条件は、「マクロ経済学入門」と「ミクロ経済学入門」の修得です。講義では、家計の最適化行動など基礎的なミクロ経済理論もつかいます。
 しかし、他学部・他学科の受講生も多い科目なので、そうした学生も対応できる
ように基礎から教えます。
履修のポイント
留意事項

 新聞や雑誌、テレビなどのメディアにより、実際の金融活動や金融問題の実態を知っ
ておくと授業内容が理解しやすいと思います。さらに、この分野の勉強には、金融制度
の実際についての知識が必要とされますから、そうした点について辛抱強く勉強するこ
とも必要です。
学部・学科必修/選択の別
政治経済学部 経済学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成