授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 現代社会と法律家
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講3グループ
授業の目標
 現代社会において、法律家と呼ばれる「法曹三者」は司法試験を、「公務員」や様々な「士業」は採用試験や資格試験を突破しなければなりません。また、企業内で法務担当の仕事をしてみたいと思う人は、在学中に法学検定試験やビジネス実務法務検定試験等の検定資格を所持しておくことがキャリアアップにつながるかもしれません。
 この授業は、法律の専門的知識を生かせる職業を理解をした上で、そのためにはどのような取り組まみをしなければならないかを学んでいくキャリヤ科目である。
 したがって、目標を明確に定め、資格試験や採用試験の基礎的な知識を修得していくことを目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は無いが、法職・公務員コースを希望する学生は選択必修として履修するのが望ましい。
履修のポイント
留意事項
法職・公務員を目指す学生を対象に講義は進められる。したがって、第2セメスターに履修することが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
法学部 法律学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成