授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 民法総則2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
・民法総則の内、特に、「権利の主体」及び「代理行為」の部分を取り扱い、これらについて講義する。権利の主体としては、人を中心に扱う。
・学習を通じて、自ら考える力を身につけ、発展的な法律知識を得る。
先修条件または
他の授業科目との関連
・先修条件はない。
・但し、民法総則は民法全体にかかわる共通規則であることから、他の民法学習を進めていくに当たっては、本科目の履修は必須とも言える。
・民法総則は、民法の財産法領域の共通規則であるため、とりわけ民法の他の領域諸規定と相関させて理解を深める必要があるが、本科目は、民法の総則領域の内、法律行為の学習を終えたばかりの学生を念頭に本科目の授業を進める。

履修のポイント
留意事項
・教科書は開講時に指定する。
・講義のレジュメは授業支援システムを介して配信する。
・冊子体六法を必携。十分な復習をすることが不可欠。授業中の私語は厳にこれを禁止する。
学部・学科必修/選択の別
法学部 法律学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成