授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 企業法概論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講3グループ
授業の目標
 企業法概論は、企業法務コースの導入授業科目として位置づけられており、商法・経済法・労働関係法・税法・知的財産権法等を中心とした企業に係る法という広範囲な分野をカバーする科目である。ここでは、企業組織法および企業取引法について現在話題になっている重要な問題について、主要な裁判例等を題材にして検討を加えながらその領域での基礎的な知識を身につけ、最終的には漠然としたものではあっても企業法務コースの全体像を捉えてもらうことをその目的とする。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。民法の基礎を学んでいることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
 さまざまな法律を理解しようという心がけを持って授業に望むことが大切であり、日常からニュースを見たり新聞等を読んで、刻々と変化する企業取引や企業組織について興味を持つことが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
法学部 法律学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成