授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 民法特論B
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講4グループ
授業の目標
 この講義は、公務員試験受験、ロースクールへの進学等を希望する学生を対象として、
民法の各制度の基礎を固め、応用問題を解く力をつけること目的としています。
 受講者には、民法の基本書を読み、内容をレジュメにまとめ、報告してもらいます。民
法の教科書(内田貴「民法」、佐久間毅「民法の基礎」等)を使用する予定ですが、一回目の授業で受講者の希望や苦手分野を聞いて決定します。報告の後、公務員試験、司法試験等の択一問題を使って理解を確認します。
 報告者以外も授業前に必ず予習をして臨んで下さい。

先修条件または
他の授業科目との関連
現代社会と法律家かつ民法総則1・2、民法(債権総論)、民法(物権)、民法(不当利得・不法行為)、民法(契約法総則)の中から8単位を修得していることが条件です。
履修のポイント
留意事項
講義中は一切の私語を禁止する。この禁止に著しく違反する者に対しては、受講上・
単位取得上の不利益を課する。
学部・学科必修/選択の別
法学部 法律学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成