授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際関係法概論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講3グループ
授業の目標
 この授業科目は、東海大学の教育方針の一つである「国際性豊かな視野を持った人材の育成」をうけた、法学部の“学びのフィールド”の一つ「国際関係法分野」に属する。
  この授業科目の目標は、国際社会における法を勉強していくのに必要となる基本的事項を理解することである。国際社会における法と一口にいっても、大別すれば、主として国家間の関係を問題とする国際法とよばれるものと、主として私人間の国際的な広がりのある関係を問題とする国際私法とよばれるものとの二つのものがある。この授業では、これら両者の基本的な仕組の理解し、両者の違いを理解することを目標とする(なお、担当者のいかんによって、国際法または国際私法のどちらにどれだけ重点をおいた内容となるかは異なることがある)。
 国際関係にかかわる問題を法的な枠組と関連付けて理解することは法学部学生の常識として有用であろうし、また、国際間題について思考力をつけることができれば、次のステップとして国際法、国際組織法、国際経済法、国際私法、国際取引法等を学ぶのに役立つことになる。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。この授業は国際関係を法的な視点から考えていく際の基本事項を取り上げるものであり、そのため国家間の関係に関しては、「国際組織法」、「国際法1」、「国際法2」、「国際経済法」、「海洋・宇宙法」、「国際人権法」といった講義を受講する際に基礎となる知識と理解能力を与える役割を持つ。私人間の関係に関しては、「国際私法」、「国際取引法」といった講義を受講する際に基礎となる知識と理解能力を与える役割を持つことになる。また、この科目自身は、選択必修グループ3の科目である。

履修のポイント
留意事項
 現在の国際社会でどのようなことがおきているかについて、常に興味をもつことが重要である。また、国際法で問題となることがらと国際私法で問題となることがらとを混同しないように意識しなければならない。また、法は社会の中で発展し運用されているが、法としてどのような枠組やルールがあるのかについて意識することが必要である。
学部・学科必修/選択の別
法学部 法律学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成