授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際法2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講4グループ
授業の目標
 この授業科目は、東海大学の教育方針の一つである「国際性豊かな視野を持った人材の育成」をうけた、法学部の“学びのフィールド”の一つ「国際関係法分野」に属する。
  この授業科目の目標は、新聞記事などでも目にすることのある国際関係の諸問題を国際法の視点から分析し、問題点を理解し、解決方法を考察することにある。授業でとりあげられる問題は、発展的な問題や国際社会に新しく生じている問題やいくつかの分野に亘る横断的な問題を中心とする。その多くは「国際法T」等の授業科目でも触れられるものではあるが、その理解をより確実なものとしつつ、そこでは扱いきれない部分をさらに深く理解していくことがこの授業の内容となる。

先修条件または
他の授業科目との関連
  国際法に関する一般的知識を有することが望ましい。先修条件があり、履修のためには、科目先修条件としての「国際関係法概論」と「国際法1」、または、セメスター先修条件である第6セメスターのどちらかをみたさなければならない。また、この科目自身は、選択必修グループ4の科目である。
履修のポイント
留意事項
  教科書が指定されず、もっぱら配布教材にもとづいて授業が行われることがある。現代国際社会の時事問題も扱われるので、国際関係の諸問題に関心をもち、新聞等の報道を細かくフォローすることが有用である。
学部・学科必修/選択の別
法学部 法律学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成