授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 人間学1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 人間学1は、第1段階である「人間社会論」に続く「SOHUMプログラム」の第2段階にあたるものであり、「人間環境学科(自然環境課程・社会環境課程)」、「芸術学科(音楽学課程・美術学程・デザイン学課程)」、「国際学科」という3つの専門領域を横断的・実践的に学べるよう設定された複数のSOHUMプログラムからなる必修の講義科目である。
 各プログラムは、学部の学科・課程をまたがった複数の教員が、プログラムごとにそれぞれの専門的立場から考察を行い、プログラムに関連した実践的知識について教授することを通して、集い力や挑み力を養い、「SOHUM」の目指す「状況を理解して社会の変化に柔軟に対応できる能力」を身につけさせることを目標とする。

本授業で育成する力・スキルは以下の通りである。
自ら考える力/広い視野と専門的視点/状況を理解して社会の変化に柔軟に対応できる能力
先修条件または
他の授業科目との関連
・第3セメスターから履修可
・教養学部の推進する「SOHUMプログラム」の第1段階である「人間社会論」に続く第2段階の科目が「人間学1」である。従って、「人間社会論」を必ず履修することが肝要である。
・全学共通科目の「現代文明論」とも関連している。
履修のポイント
留意事項
・「人間学1」には複数のプログラムが設定されている。
・複数のプログラムは、春学期と秋学期に分けてそれぞれ開講されている。
・開講に当たっては事前にガイダンスを行うので、授業内容を確認の上、プログラムを選択し履修登録すること。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 必修

2019/04/01 20:37:36 作成