授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境基礎数学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
高校までの数学は、系統的ではあるものの、各単元に分かれた学習であったと考え
る。そのため、学んだ学習内容がどのようなときに使用されるのか、特に環境にかか
わる事象を紐解くときの数学の役割について考える機会がなかったと推察する。
本講義の目標は、環境・社会問題を解決するという視点から、必要と思われる数学の
基礎的内容についての理解を履修者一人一人が確認することにある。即ち、以後の諸
専門科目、実験科目の基礎となる講義であると考えて欲しい。
【授業で育成する力・スキル】集い力、自然科学についての知識と理解
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特に設定しないが、他学部・他学科生は履修できない。
本授業は、基本的に学力確認テストの数学で基準を満たした学生に対して開講される
科目である。他の専門基礎科目、専門科目を履修する上での基礎となるため、環境基
礎化学、同物理、同生物とあわせて、本課程において最初に履修すべき科目であるこ
とを理解してほしい。

<注意>
数学の基礎的知識に不安がある場合は、1セメに自然科学実習(数学)を履修してお
くこと。

履修のポイント
留意事項
(1)選択科目であるが、以後の科目の基礎として重要なので、できるだけ早い時期に履
修することを求める。特に教職を希望する学生は、2セメまでに必ず単位を修得して欲しい。
(2)毎回の授業の復習、あるいは与えられた課題には必ず取り組むこと。
(3)最低限の基礎的な内容であるので、理解できないところが出てきたらすぐに質問す
るなどの対処をすること。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成