授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 自然環境基礎実験B
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 自然科学に人文・社会科学的な視点を加えた総合的な視点で、現実の人間活動と
環境保全における諸問題の解決に取り組むことのできる人材育成のためには、実
験・実習・フィールドワークが、必要不可欠な要素となります。本実験は、「人間
活動」と「自然環境」の調和を考える自然環境課程独自の総合的実験科目です。具
体的には、物質循環とエネルギーフローの2つのテーマで、様々な分野の基礎的実
験がAとBに分けて展開されます。実験は少人数のグループ制で行い、各専門分野の
教員が連携して密度が高くなるよう工夫されています。
先修条件または
他の授業科目との関連
 2セメスター以降に履修が可能となります(通常は3&4セメスターに履修しま
すが、空セメスターを希望する学生のみ、2セメスターからの履修が認められま
す)。他の実験・実習科目(コンピュータ実習、物理学実験、化学実験、生物学実
験、地学実験)も、自然環境基礎実験を学ぶための基礎として重要ですので、できる
だけ多く履修して下さい。また、自然環境応用実験や卒業研究、その他の専門科目の
理解を深めるためにも重要な科目です。
履修のポイント
留意事項
 (1)成績は出席が重要視され、課題やレポートの提出も必ず行わなければなりませ
ん。(2)また、実験は自分の手で行い、自分の目で観察しなければなりませんので、
積極的な態度が重要となります。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 必修

2019/04/01 20:37:36 作成