授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 プレゼミナールB
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
「人間活動」と「自然環境」との調和のとれた関係を確立するためには、自然科学と
人文・社会科学的の総合科学的な立場で、我々の身のまわりから地球全体までの様々
な段階における環境問題を取り扱うことが要求される。しかし、各論として専門的な
内容を深く追求し、専門的な視点を養うことも必要となる。従って、その専門的な視
点を養うため、本授業では、諸問題に関連する専門書や論文の内容を把握(理解の向
上)したり、調査研究をおこなったり、あるいは必要に応じて実験・実習(実験・調
査方法の修得)をおこなう。
【授業で育成する力・スキル】成し遂げ力、問題解決と社会的役割の自覚、環境保全
に関する知識・経験
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は、4セメスター以降で卒業単位の内60単位以上の修得である。また、
履修指導として、前もって、自然・環境基礎実験の単位を修得することが要求され
る。なお、ゼミナールや卒業研究を履修するためには、このプレゼミナールと応用
実験の単位を修得することが必要となる。更に、多くの選択科目を履修しておくこ
とが望ましい。他学部・他学科生は履修できない。
履修のポイント
留意事項
卒業研究、ゼミナールを履修する上での基礎的内容となる。本講義を履修するにあたって
は、あらかじめ卒業研究をおこなう為の所属ゼミを決定する必要がある。各ゼミにおいて
は少人数制による講義がおこなわれていく。よって具体的テーマについては、各所属ゼミ
の担当教員により決められる。4年次の卒業研究をスムーズにスタートさせ、その内容を
より充実させるためにも、このプレゼミナールには真剣に取り組んでいただきたい。
所属ゼミの担当教員による評価が成績となる。出席や課題の提出も重要である。また、事
前調査も必要となるため、わからない部分については質問や復習を積極的に行う必要がある。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 必修

2019/04/01 20:37:36 作成