授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ゼミナールB
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本課程では、自然環境を保全しつつ、人類が豊かに生活を営める自然共生型社会の
転換を目指し、自然科学と人文・社会科学的な視点で、この問題の解決に取り組むこ
とのできる人材の育成を目指している。それを実践する場のひとつとして、また本課
程におけるカリキュラムの集約点として「卒業研究」がある。「ゼミナール」では、
そこで必要とされる様々な手法、たとえば実験・研究の方法、論文の検索、考察、討
議、あるいは発表の技法といった、研究をおこなっていく上で必要不可欠な様々なも
のを修得していくことが目標となる。
【授業で育成する力・スキル】成し遂げ力、問題解決と社会的役割の自覚、社会科学
や人文科学も含めた総合的な視点
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は、6セメスター以降で卒業単位の内94単位以上の修得である。また、ゼ
ミナールの単位修得は、自然環境応用実験とプレゼミナールの単位を修得しないと難
しいので、履修指導において、両科目の単位修得が求められる。「卒業研究」とは非
常に密接な関係があり、同じ指導教員の元で指導を受けることになる。
他学部・他学科生は履修できない。
履修のポイント
留意事項
各指導教員の元での研究テーマで卒業研究を行っていくことから、「ゼミナール」は卒業
研究と同様に、研究指導を受ける者だけで編成される。またその具体的内容は、卒業研究
のテーマに沿った内容となる。
卒業研究のテーマに対するより深い理解のみならず自主的な勉学態度が強く要求される。
主として、平常時のゼミでの勉学態度により評価される。わからない部分については、予
習や復習、質問を積極的に行っていただきたい。



学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 必修

2019/04/01 20:37:36 作成