授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境学序論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
環境問題の解決には、自然・社会・人文科学の領域を含めた総合的な取り組みが求め
られる。人間環境領域は、総合科学的視点から環境問題の解決に取り組める人材の育
成を目標としている。本授業は人間環境領域の導入部で、環境問題を解決していくた
めに重要な項目について、現状の問題点や将来像などを、専門分野の異なる教員がそ
れぞれの視点から解説することが中心となる。講義は一話完結型のオムニバス形式と
なるが、一人の教員が1回だけ講義を担当するので、この授業で人間環境領域担当の
ほぼ全教員の講義を受けることになる。
【授業で育成する力・スキル】集い力、広い視野と専門的視点 
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は無いが、原則として、春学期は学生証番号の末尾が偶数、秋学期は奇数の
学生を履修対象とすることに注意する。本学科内の2つの課程に共通する科目であ
り、人間環境領域の履修を希望する学生にとっては、1セメまたは2セメに必ず修得
しなければならない科目である。また、人間環境領域の各科目を履修していくうえ
で、それらの学問的背景を知るためにも極めて重要である。


履修のポイント
留意事項
(1)人間環境領域は、豊かな自然の中で健康で生きがいとゆとりのある生活が営める
「成熟社会環境」の構築を目指しており、良好な自然環境の維持、人間共生社会の創造、
循環経済活動の拡充を軸として取り組むわけであるから、この基本概念に沿った講
義が各教員から行われる。従って、講義テーマと講義順については、授業の目的に沿って
あらかじめ決められている。
(2)この科目は、環境問題を自然科学と社会科学の視点から広く総合的に考える目的で
設置された本学科の人間環境領域の必須科目であり、環境問題に関心のある学生の積極的
な履修を希望する。
(3)テーマに沿って各教員が、オムニバス形式で授業を行う。従って、教員ごとに授業
の進め方に違いがあることに留意していただきたい。しかし、取り扱うテーマは授業の目
的に沿ってあらかじめ決められている。また、授業内容が適切か否かの学生評価や学生の
授業内容の理解度を小テストによってはかることは、授業を通じて共通している。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成