授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 植物生態学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本講義では、資源であり環境である「緑」の保全を考える基礎として、(1)光合成成
長、発芽や開花結実など植物の生活と環境、(2)植物群落の物質生産と生態系におけ
る物質循環、(3)植物種どうし、および動物や菌類と植物との関係、(4)生態系の移り
変わり(遷移)の方向とその意味、(5)生態系の環境保全作用と人間生活、などの内
容について、できるだけ実物観察を取り入れながら説明し、植物を通した自然の理解
や自然観察力を養う。さらに、植物を基礎とした生態系の維持が「持続的発展」の必
須条件であることの理解を求めたい。
【授業で育成する力・スキル】挑み力、状況理解と変化に対応する能力、環境保全に
関する知識・経験
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は無いが、自然環境課程における基礎的な生物系科目を履修しておくことが
望ましい。動物生態学と微生物生態学、水生生物学とは非常に関連が深い。また、環
境学序論を筆頭に本学科の人間環境領域の学問的背景としてきわめて重要である。
履修のポイント
留意事項
(1)この科目は、環境問題を自然科学と社会科学の視点から広く総合的に考える目的で
設置された本学科の人間環境領域に対応しており、環境問題に関心のある学生の積極的な
履修を希望する。
(2)多様な生物種からなる生態系を問題にするのであるから、日頃から野外に出て植物
種や動物種を識別する程の関心と生き物の営みを見守る注意力を求めたい。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成