授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境法
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
環境問題の解決には環境分野の法および政策が大きな役割を果たしている。国際的に
は地球サミットでのリオ宣言、京都会議での二酸化炭素排出抑制条約など、国内では
環境基本法の制定と環境分野の国際法・国内法の動きは活発になっている。この講義
ではさまざまな環境問題解決のために法および政策がどのような役割を果たしている
のか、また環境保護をめぐる国内・国際裁判所の判例がどのような変遷を遂げている
のか、さらに、環境税のように今後、環境問題解決のために生じてくる課題などにつ
いて検討する。
【授業で育成する力・スキル】挑み力、状況理解と変化に対応する能力、社会科学や
人文科学も含めた総合的な視点

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、環境問題を総合的に考えるためには必要な科目で、殆どの専門科
目と関連することになる。特に、環境学序論を筆頭に本学科の人間環境領域の学問的
背景としてきわめて重要である。
履修のポイント
留意事項
 (1)この科目は、環境問題を自然科学と社会科学の視点から広く総合的に考える目的
で設置された本学科の人間環境領域に対応しており、環境問題に関心のある学生の積極的
な履修を希望する。(2)環境の保護という問題に法および政策的な側面から各自が問題
意識を持って考えることが必要である。(3)人類の将来を創造するうえで重要な環境保
全と人間活動との関係を考えるためにも、問題意識とやる気をもって取り組むことを希望
する。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成