授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境倫理
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
いま、地球規模で温暖化に伴う気候変動や食料・水問題、資源・エネルギー問題など
が引き起こされており、様々な人間の様々な経済社会活動と自然環境との<関係のあ
り方>を問い直すことが喫緊の課題となっている。この講義では、環境問題に対する
固定的な通念や価値観などについて人文・社会・自然科学の知見を織り交ぜながら読
み解くことを通して、先入観に囚われない広い視野と柔軟な思考力を培い、持続可能
な社会の形成に向けて足元から実践できるような人材の育成を目標としている。
【授業で育成する力・スキル】挑み力、状況理解と変化に対応する能力、社会科学や
人文科学も含めた総合的な視点

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、様々な人間(集団)活動と環境との関係のあり方を様々な視点から
アプローチし総合的に考えていくので、ほとんどの専門科目と関連する。特に、この
科目の置かれている本学科の人間環境領域の各科目とは密接に関連することになる。


履修のポイント
留意事項
(1)本学科の人間環境領域は環境問題を自然科学と社会科学の視点から広く総合的に考
えることを目的に設置されており、この科目の履修についても広範な領域からの多面的な
アプローチに関心のあることが前提条件となる。
(2)「持続可能な発展のための倫理(ESD:Ethics for Sustainable Development)」
について、問題意識を持ち意欲的に取り組む学生の履修を希望する。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成