授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンピュータ実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
資源と環境の問題解決にあたる上で、データ処理や文書化などでコンピュータを使い
こなすことが必須である。
この授業の目標は、コンピュータを実際に体験して、コンピュータを使った情報処理
とはどんなものかを知ることである。具体的にはパーソナルコンピュータを用い、
ファイルの概念や情報の取り扱いなどの基本的な操作、ワープロ、表計算、プレゼン
テーション、インターネットおよびメールなどのための基礎的な知識と操作法を修得
することである。
【授業で育成する力・スキル】挑み力、状況理解と変化に対応する能力、自然科学に
ついての知識と理解
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、他学部・他学科生は履修できない。
教職を希望する自然環境課程の学生には必修の科目である。コンピュータについての
特別な知識、利用経験は要らない。「環境情報処理」でコンピュータのしくみやコン
ピュータを使った問題解決を学ぶ際の基礎となる。
履修のポイント
留意事項
実習科目であるので、毎回問題を課しレポートの提出を求めます。成績は、レポートの内
容、出席状況、試験の得点を総合して評価します。また、教職課程履修者には必修科目で
ある。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成