授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境カウンセラー講座
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
取得支援対象資格は、環境カウンセラー(市民部門)(国家資格:財団法人日本環境
協会)である。環境省では、環境保全に関する取り組みについて豊富な実績や経験を
有し、環境保全に取り組もうとする市民や事業者等に対して助言(環境カウンセリン
グ)できる人材を「環境カウンセラー」として登録する制度を実施している。環境カ
ウンセラーは、審査に基づく登録制度ですので、本科目では、環境カウンセラーの登
録に関する審査、および登録までのプロセスや実績(環境保全活動)を積むためのア
ドバイスを行う。
【授業で育成する力・スキル】成し遂げ力、問題解決と社会的役割の自覚、環境保全
に関する知識・経験
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、他学部・他学科生は履修不可である。環境体験演習や環境保全演
習などの体験&実習系科目との関連が強く、当課程の他の主専攻選択科目(人文・社
会科学系も含む)とも関連がある。
履修のポイント
留意事項
(1)資格取得は、学生諸君が実社会で活躍するための一助となる場合もあるので、積極
的な授業態度を期待する。20代の環境カウンセラーを目指してほしい。
(2)環境カウンセラーは、環境保全に関する活動を概ね5年以上経験していないと登録
されない。しかし、大学入学以前の活動も、内容によっては経験とみなされるので、資格
取得の可能性はある。登録のための審査内容は、指定されたテーマによる論文作成と面接
である。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成