授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 消費者行動論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 消費者の行動特性や心理状況を理解することなしに現代マーケティング戦略の成
功は不可能であるといわれている。生産者志向な管理マーケティングの諸相は「モ
ノあまり時代」の到来とともに機能低下しはじめ、かわりに顧客との関係性構築の
ためのマーケティング施策が注目されるようになった。
 本科目では;
1)消費者行動・心理に関する基本的概念を体系的に理解すること、
2)ケース分析を通じてチームレベルでの調査分析力、考察力を涵養すること
を学習目標とする。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はないが、本科目はやや高い専門性を要求するので、他のビジネス分野
の科目を履修済みであることが望ましい。また、より深く理解するためには、基礎
となる経営学だけでなく、社会学、社会心理学、文化人類学といった領域との学際
的視座も必要となるため、それらに関連する科目の履修をすすめる。
履修のポイント
留意事項
 ビジネスやマーケティングに興味のある学生には履修をすすめる。
 本科目では現代消費者の内面的心理要因や意思決定過程ならびに購買行動に影響を与
える外部環境要因を理解しなければならない。そこで、普段から広告や店頭販促活動な
どをよく観察するよう心掛けてほしい。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成