授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 開発経済学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  ミクロ経済学,マクロ経済学,歴史,地理を活用して,貧困解消,経済発展,環
境保全のあり方を探求することによって,アジア,アフリカ,中南米などの開発途
上国のベーシックヒューマンニーズ充足の状況,開発途上国の抱える持続可能な開
発にかる知識を身に着ける。
  そして,開発途上国に対する先進工業国,NGOなどによる援助(開発協力,環境支
援)を検討して分析し,開発途上国の実情改善する方法を示すことで,開発経済学
を基盤とした実証分析能力を養うことを目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。マクロ経済学あるいはミクロ経済学の事前の履修が望ましい。開
発途上国については国際経済学と,援助については環境協力論と関連が深い。
履修のポイント
留意事項
 基礎的な専門必修科目であることから,ミクロ経済学は,第1セメスターから第2セメ
スターにかけて,遅くとも第4セメスターまでに履修することが望ましい。視聴覚機材を
活用した授業を行う。
 授業中に小レポートを作成する時間を頻繁に設ける。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成