授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境協力論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 環境協力論では,地球温暖化,熱帯林減少を選んで,その原因を考え,対策を考
察する能力を養うことを目指す。
 地球温暖化対策としては,温室効果ガス排出とエネルギーの関連,エネルギー原
単位の知識を身に着け,再生可能エネルギー,省エネ,産業構造高度化の意義を理
解する。
 熱帯林減少としては,薪炭,用材,農地拡大,フロンティア開発についての知識
を身につけ,地域コミュニティの意義を理解する。
 こうして,環境問題とその対策について専門知識を蓄え,論理的な思考能力を向
上させることが本授業の目標である。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。考察の方法は,マクロ経済学,ミクロ経済学を応用したもの
で,授業内容は,環境経済論,環境政策論,開発経済学と関連が深い。
履修のポイント
留意事項
 地球温暖化・熱帯林の減少に関連する新聞記事を集める,インターネットを使って調
べるなどして予習をすると,授業が理解しやすくなる。視聴覚機材を頻繁に活用した授
業を行う。授業中に小レポートを作成する時間を頻繁に設ける。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成