授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境学特講
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 複雑なものは、単純なものの重なりであり、一つ一つを解明していくと理解でき
る。環境分野は、自然科学や社会科学、および人文科学の境界領域に関係してお
り、一見難しいと捉えがちである。
 環境戦略を立案するには、理系文系と言った固定観念を捨てて、国内外の社会動
向、制度、及び科学、技術動向を、一つ一つひもといていかなければならない。
 本講義では以下を目標とする。
・環境問題の解決策についての視点を習得する。
・ビジネスおける環境戦略の必要性を理解する。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先週条件は特にない。
 本課程においては環境関連の科目は複数存在するが、当該科目においては、環境
問題を解決するために、公害対策といった「守り」の姿勢ではなく、環境企画をも
った事業など環境戦略の面から「攻め」の視点で議論していく。したがって、マー
ケティング、消費者行動に関した講義内容などとも関連が深い。

履修のポイント
留意事項
 環境戦略を立案するには、社会のすべての動向を関わるため、社会的なニュースには
注視することが望まれる。但し、報道では、事実を誇張する傾向が見られるため、客観
的立場でその内容を考えることが必要である。
 講義内容は、社会科学的なものであるが、理系、文系といった無意味な固定概念は捨
ててほしい。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成