授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 色彩学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
日ごろ目にする色彩は感覚的なものであるが、デザインを専門にする者にとっての色
彩とは、感覚的な把握にとどまらず、科学的な理解をともなうものでなければならない。
色彩は、ほとんど全てのデザイン分野と関わっている。本講義では色彩の基本的知識
から、具体的なカラーデザインまでのつながり全体を考え、好みや趣味に流されるこ
とのない、正当なカラーデザインを理解することを目標とする。
本授業で育成する力・スキルは以下である。
自ら考える力/広い視野と専門的視点/デザイン専門分野の知識と造形力
先修条件または
他の授業科目との関連
本授業は芸術学科の「学科共通科目」であり、音楽・美術・デザインに限らず芸術を学ぶ学生に理解してもらいたい講義科目である。上にも述べたように、色彩は、広告・出版に関わるグラフィックデザインをはじめ、
製品、建築、空間に関わるプロダクトデザインおよびインテリアデザイン、また、表
現とコミュニケーションを最大の目的とするアーティスティックデザイン、さらに、
人々の娯楽に関わるエンターテインメントデザインと、ほとんど全てのデザイン分野
と関わっている。
従って、デザイン学課程で開講される全ての理論科目、実習科目と関連があると考え
て欲しい。
履修のポイント
留意事項
色彩についての知識は、デザインを学ぶ上での基本的な事柄であり、色彩論のカリキュラ
ム上での位置づけを充分理解した上で受講してもらいたい。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      音楽学課程 選択
教養学部 芸術学科                                      美術学課程 選択
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成