授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ビジュアルデザイン論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
視覚にかかわるデザインは、ビジュアルデザイン、ビジュアルコミュニケーション、コマーシャルデザイン、グラフィックデザインなど、各種のジャンル、呼称がある。ここでは主に「ビジュアルデザイン」を「視覚記号によるイメージのコミュニケーションを目的にした造形計画」と定義し、視覚、記号、イメージ、媒体などの各要素に分解して説明することで、その構造と機能、役割を明らかにする。
本授業で育成する力・スキルは以下である。
自ら考える力/広い視野と専門的視点/デザイン専門分野の知識と造形力

先修条件または
他の授業科目との関連
「ビジュアルデザイン論」を核として、ビジュアルデザイン、グラフィックデザイン関係の各講義、実習科目に連携する。具体的な関連科目は理論科目では「色彩学」「映像デザイン論」「アートディレクション論」、実習科目では「デジタルグラフィックデザイン」「ビジュアルデザイン実習1-4」「写真表現」「動画表現」「イラストレーション」などと強い連携を持つ。
履修のポイント
留意事項
ビジュアルデザインを歴史の流れの中で検証し、さらに現代の視覚にまつわる社会現象を分析することで、今日の社会におけるビジュアルデザインの役割と責任について一つの方向を示し、ビジュアルデザインの計画、実践に繋がる内容として、造形における方法の基礎についても解説する。
「ビジュアルデザイン論」のカリキュラム上の位置付けを理解した上で履修して欲しい。同時に各自が学ぼうとする専門領域との関連について明確にして受講することが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2019/04/01 20:37:36 作成